SINCE 1875 室内装飾・インテリアの歴史と共に歩むムツミヤ

ホームインテリアブログ現代に蘇る明治建築のインテリアにも睦屋

インテリアブログ

2022/01/25現代に蘇る明治建築のインテリアにも睦屋

施工事例


株式会社睦屋は、明治8年(1875年)の創業以来、およそ150年という長きにわたり住宅や
公共施設、ホテル、美術館などさまざまな建物のインテリア施工に携わり、多くの
建築会社、設計事務所、デザイナーなどの皆様とともに歩んでまいりました。古くは、
鹿鳴館、迎賓館、旧東京音楽学校奏楽堂、風見鶏の館、朝香宮邸(現・庭園美術館)、
天鏡閣、旧函館区公会堂など、国宝や重要文化財として知られる建築物のインテリア施工を
担当させていただいており、現在ではそうした建物が復元される際などにも、
お声がけいただくことがあります。
旧朝香宮邸(現・庭園美術館)復元工事の際、学芸員に見せて頂いた昭和8年当時の領収書


100年の時を経て同じ建築家の建物に携わる

今回ご紹介するのは、現在「江戸東京たてもの園」にて展示・公開されている
「デ・ラランデ邸」での事例になります。

デ・ラランデ邸は、19世末から20世紀はじめにかけてフランス等で広まった新しい芸術様式
「アール・ヌーヴォー」のドイツでの呼称「ユーゲントシュティール」(青春様式とも
言われる)を日本に持ち込んだとされるドイツの建築家、ゲオルグ・デ・ラランデ氏の
日本での邸宅で、東京・信濃町にありました。もともとは平屋の洋館で、気象学者・
物理学者の北尾次郎邸だったと伝えられていますが、それを明治43年(1910年)ごろ、
デ・ラランデ氏が3階建てに大増築。ユーゲントシュティールのテイストを
取り入れました。その後、何度かオーナーは代わり、最後のオーナーであった
三島食品工業株式会社が東京都に寄贈し「江戸東京たてもの園」に移築。
そしてデ・ラランデ氏が住んでいた当時の様子を復元し、平成25年(2013年)に
見学のできる展示物としてグランドオープンに至りました。

当社は、復元の際にカーテンや絨毯などのインテリア施工でお声がけいただきました。
なおデ・ラランデ氏は、明治37年(1904年)に建てられた「風見鶏の館」(重要文化財/
旧トーマス邸/神戸)の設計者としても知られており、かつて当社は風見鶏の館復元工事の
際にインテリア施工で携わりました。こうして当社は、再びデ・ラランデ氏の建築に
関わることになったのです。
ユーゲントシュティールを再現した竣工イメージとイラスト


Jugend Still(ユーゲントシュティール)のテイストを再現

そしてプロジェクトがスタート。ユーゲントシュティール(アール・ヌーヴォー)が台頭
していた19世紀末から20世紀初頭のテイストを再現するべく、海外も含めてさまざまな
メーカー様にあたり素材を探しました。その中で、19世紀末にイギリスの
ウィリアム・モリスが主導した美術工芸運動「アーツ&クラフツ」にも影響を受けた
オーストリアの建築家・デザイナー、ヨーゼフ・ホフマンのテキスタイルを取り扱っている
ファブリックブランド「Backhausen(バックハウゼン=1849年にオーストリアで創業)」
に行き着きました。

こうした復元工事は、当社としても通常の仕事とは異なり、たいへん貴重な経験と
なっています。たとえばビス1本にしても、現在はプラスが主流ですが当時は真鍮製の
マイナスのものが使われていたり、ブラケットなどの部材も今は存在しないので
鋳物業者さんに特注で製作していただきました。
施工前                  施工前
施工中                  施工中
施工後                  施工後


お気軽にお声がけください

このような往年の芸術様式を再現したインテリアを、ご自身の住宅にもあしらいたい
とのことで、一般のお客様や設計事務所、デザイナー様などからお問い合わせを
いただくこともあります。このブログをお読みになり、もし興味を持たれましたら、
睦屋までお気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

    検索

    お問い合わせ・資料請求・サンプルのご依頼については
    下記より受け付けております

    取扱インテリアブランド