SINCE 1875 室内装飾・インテリアの歴史と共に歩むムツミヤ

ホームインテリアブログ

インテリアブログ

2019/08/05HunterDouglas・シルエットシェードのご紹介

今回ご紹介するのは、HunterDouglasのシルエットシェードです。

南麻布のマンション、個人邸にお納めいたしました。
男性の一人住まいのリビングということで、
ブラック革張りソファなどとコーディネートされ、
A2-116 タートル・ドーブをお選びいただきました。 



やさしいグレー色でクールになりすぎず、
ソフトモダンな空間を演出。


羽の角度調整で採光もプライバシー保護も
できるという事で、大変満足していただきました。

今回は、サッシに合わせて中央に大きく1台、
両サイドがW470×H2425の細長いものになりました。


一番の懸念点は、操作による巻きずれです。
雑に操作しますと、幕体が大きく振れてしまい
巻き上がりがずれてしまいます。
ストロークを長く取り、静かに操作するとブレずに巻き上がります。
また、製品への負荷も軽減されます。

メカもので機能的でありながら、
生地のソフトさ、繊細さを兼ね揃えた商品です。

当社HPでもHunterDouglasを紹介しております。
少しでも気になる点がございましたら、お気軽に当社へお問い合わせくださいませ!

2019/06/26アクアクリーンのご紹介

本日は最近とても多くお問い合わせをいただいている、アクアクリーンについてご紹介させていただきます。


アクアクリーンの特徴はほとんどの汚れを水だけで落とすことができ、清潔さをキープできるということです!

アクアクリーンテクノロジーにより、日常で起こり得る多くの汚れを素早く簡単に落とすことができます。
例えばうっかり飲み物や食べ物をこぼしてしまったり、ボールペンで誤って書いてしまったりしても、ソファや椅子はお洋服のようには気軽に洗えないですが、アクアクリーンならご自身で簡単に汚れを落とせます。 



繊維に加工が施されているので、油を多く使用した食べ物の汚れなどにお困りの飲食店のソファや椅子張り地として、とてもおすすめです!


またペットがいる空間におすすめなのはMARINAという生地です。他の生地とは違い、生地内部が特殊な構造になっているため高い耐久性で傷に強く、細菌やダニの増殖を防ぐことも可能です。 



生地のシリーズは全部で7バリエーション、お色も約10色ございます。
カラーバリエーションも豊富でセレクトに迷ってしまいますが、おすすめのお色は白色!
今まで避けがちだった白色もアクアクリーンだと清潔さをキープできるので安心です。 


少しでも気になる点がございましたら、お気軽に当社へお問い合わせくださいませ!

2019/04/05【Almedahls】ブラインド スターバックスロースタリー

ブラインド・シェード



今、東京で最もホットなプレイス。場所は人気の中目黒。
世界で5番目、日本初出店のスターバックス リザーブ ロースタリーです。


コーヒーをはじめとして100種類以上のユニークなドリンク、グッズ、日本初上陸となる手作りイタリアンベーカリー「 Princi」(プリンチ)のフードメニューや紅茶専門店「Teavana 」(ティーバナ)の紅茶など、この店でしか味わえないサービスを提供しています。


2月28日のオープン当日は何と2、3時間待ち、整理券まで発行とその話題性は群を抜いています。




もう一つの注目点は目黒川沿い、風光明媚な桜並木に面したこの建物です。
人目を引く同店のデザインは、この桜の木にヒントを得たそうです。
4階建てで、外装の設計は、いま最も乗っている建築家、隈研吾が手掛けており、得意の「木」が主役です。

店内は、スターバックス社のチーフデザインオフィサーで、ロースタリー5店舗すべての主任デザイナーであるLiz Muller(右端の女性) によるものです。
モチーフに桜、折り紙を用いて「和」の調和を表現しています。



外壁はガラス張りで、階上にテラスを設けることで近隣の建築にシームレスに溶け込んでいます。
しかし、開口部が広いだけに西日対策も必要です。そこで主任デザイナーLiz Mukkerが選択したものは!

「木」「桜」「折り紙」と調和する「和」の素材として、彼女が採用したのが電動ロールスクリーン、その顔となるテキスタイルは、抹茶系カラーの綿素材生地で、西日にかざすと縦横にシャンタンの腑が透けて見え、周りの雰囲気に溶け込んできます。

その生地はスウェーデン Almedahls(アルメダール)社製のSHANTUNG(防炎加工品)です。弊社(株式会社 睦屋)にて電動ロールスクリーン工事を担当させていただきました。

さて、店内に入ると、ひときわ目を引くのは、世界最大級となる赤銅製のコーヒーキャスクです。
4階まで届くその高さは55フィート(約16m)以上、装飾の銅製の桜の花は手作りで、日中を通じてさまざまな光を放ちます。伝統的な槌目(つちめ)加工を施しています。


天井にも注目してください。「折り紙天井」と呼ばれる天井材です。
「桜」同様「和」の美を意識してデザインされたユニークな凹凸のある盤を組み合わせた天井材です。
「折り紙」を広げた時に出来る折り目と凹凸からデザインされています。
表面の仕上材には木質「サンフット」が貼られています。



おいしいコーヒーともにすばらしいインテリアもお楽しみください。

検索

アーカイブ

    お問い合わせ・資料請求・サンプルのご依頼については
    下記より受け付けております

    取扱インテリアブランド